公務員の夫は29歳。私も29歳。7歳の男

公務員の夫は29歳。私も29歳。7歳の男の子と5歳の娘がいます。
夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、双方の親も交えて話し合い、離婚ということで合意しました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てていくわけです。
メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士の方におねがいし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いをもとめ、公正証書という形で残しました。浮気の証拠は携帯からも掴めます。
浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。
近年、メールやラインで連絡をする事も多くなりましたが、好意をもつ相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。ですから、空き時間に電話することは持ちろん考えられます。一見簡単そうに見える異性との遊びの追尾調査ですが、調査する相手と親しいほど露見しやすいですし、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も否定できないのではないでしょうか。
探偵業者でしたら、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒指せずに男女の関係調査を行なう技術があるので、顔見しりの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるはずです。
当事者としては悪気はなくても、現実に一線を越えてしまった異性との遊びのつぐないは、安くは済まないでしょう。
配偶者の出方次第で持ちがいますよね。ただ、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。
男女の関係はバレたら最後。金銭的にも社会的にも代償を支払い、償っていかなければいけません。
これから探偵業者を使おうと思ったら、ひとまず電話をかけて話をしてみましょう。相談に応じる職員の態度などを参考に、詳細を打合せたいというときは、営業所に行きます。打ち合わせが済んで、納得したら契約し、本当の調査がはじまるのです。
興信所と調査。
何かちがいがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではそのちがいはこれといってないと思っていいでしょう。双方とも調査の業務を行なうという点ではちがいがありません。
もし依頼するのが異性との遊び調査などだったら、同じものと思っていただいて支障はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。
とはいえ、得意とする分野については事業者ごとに特性があるため、依頼する前に確認しておいた方がいいでしょう。
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、実際そうでしょうね。
もともと我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、もし結婚できても、しり合った経緯からして話せませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生活していくことになります。
第一、不倫した相手と入籍するに至っても、再び不倫にならないとも限らず、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。
お互い結婚している者同士の場合、不貞を辞める契機になるのは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。
本来大切にすべき相手を騙していることに心苦しく感じたり、W不貞の現実にうんざりする気持ちが出てきたりします。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、後ろめたさも手伝って、ついに別れを切り出すきっかけになるのです。