看護師の勤めているところといえば病院と考えるのが妥

看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのが妥当でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも多々あります。
保健所で保健師の方と連携して、地域にお住いの方の健康上のイロイロなケアをするのも看護師の役目です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半をナースがやります。
みんなご存知のように、ナースの休日については働いている職場で異なっていますから、一概には言えません。
その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、週末祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも珍しくありません。
一見、デメリットが多沿うに感じるかもしれませんが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、人によっては都合の良いはたらき方といえますからはないでしょうか。NURSEがどんな風に思われているかというと、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、好印象をもつ人が大半でしょう。ただ、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、実際はシフト勤務や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。プラス面だけに着目せずに、現実問題としてナースのはたらき方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
NURSEの勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。
シゴト場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方が人気があります。自らのキャリアのことを考えてトラバーユしようとするNURSEも少なくないです。看護師としての腕を上げることで、収入を増やすこともできるでしょう。その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分が合うと思える職場を捜すことも大事でしょう。内科の外来が合うと感じる人もいますし、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。
ほんの少し前まではNURSEは女性がするシゴトというのが一般的な認識だったものですが、近頃では徐々に男性ナースも増加しています。実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴を補助したりと、結構力のいるシゴトも多く、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。年収については、女性の場合と一緒ですが、子供を産み育てるためにシゴトを長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。小さい頃から看護師としてはたらきたいと思っていましたが、さまざまと事情があって就職し、会社員としてはたらくことになりました。ですが、ナースの夢を諦めきれませんでした。
思い切って転職して、無資格でもはたらける医療施設などではたらくことも出来たのですが、やはりNURSEの資格がほしいと悩んでいたところ、実際に看護助手の立場ではたらきながら資格も取れる沿うなのです。
夢だったNURSEの道が開かれて、前むきな気もちになれました。
ナースになろうと思ったきっかけはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、体験先の介護施設のナースの方に心を動かされたのが契機となりました。
大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)になってからシゴトに就くならこういった職業で働いていきたいと思ったことをきっかけに看護学校に行くことを決め、現在はナースとして勤務する毎日です。
大変なこともありますからすが、看護師になってよかったです。